水泳 ダイエット

水泳のダイエット効果

ダイエットには水泳がいいという人は少なくないですが、水泳のダイエット効果は果たしてあるでしょうか。ダイエットが水泳にいいのは、カロリーを多く使うためです。55sの人が1時間歩くと、消費するカロリーは120kcalです。これが水泳で消費するカロリー量は格段に多く、平泳ぎ1時間で600キロカロリーを使います。クロールの場合だと1000キロカロリー前後になるようです。水泳で水に入ると水圧が身体にかかります。水圧はなんと1.3トンにもなるといいます。全身に水圧による刺激がかかるため、血の巡りもよくなり、新陳代謝も促進されます。背筋や腹筋を使う運動もできるといいます。地上にいる時よりも、水の抵抗があるぶん水中の方が動きにくくなります。運動に必要な力は10倍になるといいます。水の中で体を動かそうとすると意外とカロリーを使います。水中ウォーキングも、ダイエットに役に立つと言われています。インナーマッスルという、体の奥の部分にある筋肉を効率的に使うことができます。地上で行うジョギングやランニングは、膝や腰などに自分の体重がかかるため、体重のある人はできない場合があります。関節に体重をかけすぎたくない人は、水の中での運動がおすすめです。水中には浮力があるため、体重が負担になりません。足にも負担がかからないので下半身に筋肉がつきすぎることもありません。水泳の場合、温水プールであっても体温よりは低い温度です。水中にいても体温が下がらないように、人間の体は代謝を活発にしてエネルギーを作りますので、ダイエットに効果的です。ダイエットを成功させるためには、水泳や水中での運動が適しているといいます。

水泳ダイエットのポイント

水泳は、健康的なダイエットをしたい人にぴったりの運動だといいますが、継続させるためにはどうするべきでしょう。続けることができれば、水泳以外のダイエットでも成功しやすくなります。スタートダッシュで力を入れて水泳ダイエットをしすぎると、結果的に継続が難しいといいます。あまり激しく泳ぎすぎると脂肪を燃やすよりも筋肉を鍛えることになってしまい、がっちりした体形になってしまいます。負担がかかりすぎないように、適度な運動量で水泳を続けられるようにすることです。ダイエットの意欲はあるけれど、水泳はやり慣れないという人もいます。水中でのウォーキングも、十分にダイエット効果が得られます。水泳が苦手という人は、まずはウォーキングからがおすすめです。水の中だと、いつものウォーキングもやりづらいものです。水泳ダイエットは、水泳をするために水着姿にならなければいけません。体のラインが直接確認できますので、脂肪や筋肉のつき方を意識できます。ダイエットのモチベーションアップにもつながるでしょう。水泳ダイエットのいいところとして、時間をかけて運動をしても汗で体がぺたぺたになる心配がないという点があります。水泳ダイエットは、運動が苦手な人でも楽しんで取り組めますので、おすすめのやり方です。

水泳ダイエットの方法

もし水泳でダイエット効果を得たいと考えているなら、どんな方法がいいでしょう。水泳は、それほど運動が得意でない人でも楽しんで体を動かすことができます。ダイエットに水泳を活かす方法を知れば、より早く痩せられます。重要なことは、水泳をする前によく体をほぐしておくことです。水泳は非常に運動量が多いので、準備運動によってケガを防ぐことができ、プールでの運動効果をアップさせることもできます。少しずつステップアップしながら、効率的な水泳の方法について知っていくとやりやすくなることでしょう。最初は初任者向けの泳ぎ方で、少しずつテクニックを覚えていきます。ダイエットを成功させたいと急ぐあまりに、つい水泳に熱を入れてしまう人もいますが、頑張りすぎはトラブルの元です。途中で挫折してしまわないことがダイエットには欠かせませんが、水泳なら友達と誘いあって行くことができるでしょう。泳ぎのフォームをチェックすることも、水泳ダイエットでは重要です。フォームを維持することで、的確に筋肉を使うことができるでしょう。はっきりとしたゴールを決めて、そこに行くために必要なことを検討し、具体的な体重目標は何sで、水泳をどのくらいやるべきかを決めましょう。いつも屋内プールで泳いでいる人はたまに屋外のプールに行くのも気分転換になるのでおすすめです。泳ぎ終わったら、体を整えるために軽い運動をしましょう。運動時の故障を防ぐためには、水泳の前後で軽く体を動かすことが大事です。水泳ダイエットを成功させるには、無理なく長続きできる範囲で行うことがポイントです。