都内でも見つかる!格安の納骨堂で安らかな眠りを

情報を集めよう

仏花

納骨堂に関する情報を集めるところから、すべてを始めましょう。将来のこと、「その時」が来ることについて考え、自分の理想に合う場所を見つけることが大事です。いくらでもこだわって探すことが出来ます。

公営と民営

豪華な霊柩車

自治体が運営する公営の納骨堂、それに対する民営の物もあります。前者のほうがよりリーズナブルですが、こだわりを反映しやすいのは後者のものであるといえます。どっちが良いか、考えましょう。

墓地

早めに買っておこう

霊柩車

格安の納骨堂を見つけたら、早めに購入しておきましょう。中には20万円台の安い料金で購入できるものもあります。二度と出会えないかもしれないものなので、しっかり手に入れましょう。

格安の納骨堂

お寺

東京23区内の場合、納骨堂であってもそれなりの金額になってしまうというイメージを持ってしまっている人もいますが、実際にはきちんと探せば東京都内であっても格安な納骨堂はたくさん存在しています。そのため、費用のことを考えて納骨堂を探すからといって、最初から都内をスルーしてしまう必要はないのです。たしかにお墓などは高額なケースも多いために、そのようなイメージを持ってしまっているのかもしれませんが、納骨堂の場合にはそこまで広い土地を必要とするわけでもないために、価格の面でもおさえられているケースが多いと言われているのです。まずはそれぞれの納骨堂の情報にしっかりと向き合ってみることからはじめてみてください。

東京都内の納骨堂に関しては最近は新規参入する企業なども続々と誕生しています。そのため、競争原理にさらされ、それぞれの納骨堂が価格面でのメリットを打ち出していることも多くなっていると言われているのです。運営をおこなう企業が多くなれば、それだけお客さんの確保のためにそれぞれがサービス面で競争をおこなうのは当然ですが、このような健全な状況が東京都内では起こっていると言われていますので、価格面も少しずつダウンしているという意見もあるのです。東京で納骨堂をどうにかして探したい、23区内のエリアにこだわりたいなどという目標があったとしても、それを実現できる可能性はありますので、諦めないようにしておきましょう。

もし東京近郊に住んでいる場合、お参りに行くことを考えると納骨堂を選ぶなら通いやすい場所がいいなと思いますよね。
しかし、駅に近くて立地条件がいいほど高額になってしまうのは仕方ありません。
反対に少し離れたところであればどんどんお手ごろな価格にはなりますよね。
そういった選択肢からどこに比重を置くかというのが大切なポイントになってくるというわけです。
東京都内でも、じっくりと探してみると費用を抑えられる納骨堂はいくつか存在しています。
例えば、駅から歩いて5分ほどの場所にある納骨堂。
とても静かで落ち着いた場所に建っていて、この場所に来るだけで心が洗われるような気持ちになれます。
お墓参りでは必ず必要となるお供えの花や線香は一切必要なく、持ち物は参拝用のカード1枚だけです。
雨や風といった天候に左右されることはなく、自分たちに代わって掃除もしてもらえるのでいつでも清潔な状態を保てます。
また全館がバリアフリーになっているので、足腰に自信のない方や車椅子の方もストレスなくお参りすることができますよ。
それだけの設備が揃っていて永代供養料や戒名授与、墓碑、厨子、銘板といった全てが込められて90万円以下となっていますので、家族で利用したい方にはとてもオススメの納骨堂となっています。
インターネットで色々と納骨堂を検索して、気になった納骨堂があれば資料請求や実際に見学することで、
理想の納骨堂にめぐり合えると思います。
納骨堂はお墓の新しい形とも呼ぶべき大切な場所です。
簡単に妥協せず、自分が様々な面で納得できた納骨堂に決めるようにしましょう。

多くの納骨堂では埋葬方法を選択できるようになっており、ロッカー式、仏壇式、墓石式とおおまかに3種類の埋葬方式が広く普及しています。
それぞれの埋葬方式は料金に違いがあり、豪華な方式になるにつれ、かかる費用が高額となっていくのです。
一番低料金で済ませれるのがロッカー式で、この形が世間一般に浸透している納骨堂埋葬のスタンダードだと言えるでしょう。
駅にあるコインロッカーのように効率性を重視したお墓であり、幾何学的に並べられた省スペースそれぞれに故人が葬られるというスタイルです。
そしてロッカー式よりも割高ではありますが、比較的プレミアムな雰囲気を持っているのが仏壇式埋葬です。
スペースはロッカー式よりも大きくとってあり、お墓周りの装飾もかなり豪華な感じなのを確認できるでしょう。
お骨を収納するスペースの上に仏壇が設置されていますので、ロッカー式では寂し過ぎると感じる家庭は仏壇式を選択するケースが多いです。
そして仏壇式よりももっと豪華で特別感があるのが墓石式で、従来の外墓埋葬とほぼ同じ状態の弔い方となっているのが特徴です。
しっかりとした墓石を建てて埋葬するので費用は高額ですが、仏壇式よりも見た目の特別さは非常に際立っていると言えるでしょう。
このように納骨堂ではプランごとに選択できる埋葬方式が数種類存在しています。
それぞれの予算目安と見た目の雰囲気などを考慮していくのが、現代における納骨堂埋葬のスタンダードですよ。